産業廃棄物ってなに?

HOME > 産業廃棄物ってなに?

人が人として豊かな生活を送るために
絶対に避けては通ることができない課題

「産業廃棄物」の定義

産業廃棄物とは、国が定める「廃棄物(自分で利用しなくなったり、他人に有償で売却できなくなった固形状または液状のもの)」のひとつです。廃棄物は一般廃棄物と産業廃棄物に分類されます。
私たちジャパンクリーンが主に取り扱うものは「産業廃棄物」。
企業が製品を製造したり、建物を立てたりする過程で発生した廃棄物です。
「産業廃棄物」は廃棄物処理法で20種類に分類されており、それぞれ適切な処理方法が定められています。

産業廃棄物の種類と具体例
種類 具体例
あらゆる事業活動に伴うもの (1) 燃え殻 石炭がら、焼却炉の残灰、炉清掃排出物、その他焼却残さ
(2) 汚泥 排水処理後および各種製造業生産工程で排出された泥状のもの、活性汚泥法による余剰汚泥、ビルピット汚泥、カーバイトかす、ベントナイト汚泥、洗車場汚泥、建設汚泥等
(3) 廃油 鉱物性油、動植物性油、潤滑油、絶縁油、洗浄油、切削油、溶剤、タールピッチ等
(4) 廃酸 写真定着廃液、廃硫酸、廃塩酸、各種の有機廃酸類等すべての酸性廃液
(5) 廃アルカリ 写真現像廃液、廃ソーダ液、金属せっけん廃液等すべてのアルカリ性廃液
(6) 廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む)等固形状・液状のすべての合成高分子系化合物
(7) ゴムくず 生ゴム、天然ゴムくず
(8) 金属くず 鉄鋼または非鉄金属の破片、研磨くず、切削くず等
(9) ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず ガラス類(板ガラス等)、製品の製造過程等で生ずるコンクリートくず、インターロッキングブロックくず、レンガくず、廃石膏ボード、セメントくず、モルタルくず、スレートくず、陶磁器くず等
(10) 鉱さい 鋳物廃砂、電炉等溶解炉かす、ボタ、不良石炭、粉炭かす等
(11) がれき類 工作物の新築、改築または除去により生じたコンクリート破片、アスファルト破片その他これらに類する不要物
(12) ばいじん 大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、ダイオキシン類対策特別措置法に定める特定施設または産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設によって集められたもの
特定の事業活動に伴うもの (13) 紙くず 建設業に係るもの(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生ずる紙くず
(14) 木くず 建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、木材・木製品製造業(家具の製造業を含む)、パルプ製造業、輸入木材の卸売業および物品賃貸業から生ずる木材片、おがくず、バーク類等
貨物の流通のために使用したパレット等
(15) 繊維くず 建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、衣服その他繊維製品製造業以外の繊維工業から生ずる木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くず
(16) 動植物性残さ 食料品、医薬品、香料製造業から生ずるあめかす、のりかす、醸造かす、発酵かす、魚および獣のあら等の固形状の不要物
(17) 動物系固形不要物 と畜場において処分した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥に係る固形状の不要物
(18) 動物のふん尿 畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等のふん尿
(19) 動物の死体 畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等の死体
(20) 以上の産業廃棄物を処分するために処理したもので、上記の産業廃棄物に該当しないもの(例えばコンクリート固型化物)

産業廃棄物排出事業者の責任

産業廃棄物を輩出した事業者は、排出した産業廃棄物を自らの責任で処理・処分しなければなりません。しかし、自らの能力で処理・処分ができない場合は、産業廃棄物処理業の許可をもっている業者に委託し適正に処理・処分しなければなりません。
この際、輩出業者は「委託基準」にもとづき委託契約を始めとするさまざまな手続きと「産業廃棄物管理票(マニフェスト)」の運用が義務付けられています。

ジャパンクリーンの考え方

私たちジャパンクリーンは産業廃棄物について次の通り考えています。

■ジャパンクリーンの考え方
産業廃棄物=人が人としての豊かな生活を享受する上で避けては通ることができない問題

人が人として豊かな生活を送る。それは誰もが認められるべき大切な権利です。経済が発達した今日では「豊かさ」の大部分を数々の製品が担ってくれています。産業廃棄物のほとんどは、こうした製品の製造過程で発生します。言い換えるなら、世の中の産業廃棄物のほとんどは、私たち生活者一人ひとりの豊かさの代償だといえるのです。
それならば、私たち生活者は豊かさだけではなく、産業廃棄物の処理・処分についての問題についても享受し、一人ひとりの問題として取り組んでいくべきではないでしょうか。
平成26年12月、私たちは宮城県内で産業廃棄物の[管理型]最終処分場をオープンいたしました。この処分場は皆様に「見ていただける処分場」として設計・建設いたしました。すべては産業廃棄物という「私たち一人ひとりが担うべき問題」に向き合う最初の一歩となれればと考えています。

  • 総合中間処理施設を見てみよう!
  • [管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!
  • 地域の皆様との取り組み
  • 地域環境保護の取り組み
  • 資料ダウンロード