中間処理施設の使命②減容化・安定化・安全化〜最終処分に向けて〜

HOME > 総合中間処理施設を見てみよう > 減容化・安定化・安全化

廃棄物を無害で変質しない状態にし
最終処分に備える

安全な最終処分を実現するための6つの処理

安全な最終処分を実現するためには、「減容化」「安定化」「安全化」という3つの課題をクリアしなければなりません。このため、ジャパンクリーンの総合中間処理施設「ジャパンクリーン館林」では以下の処理を常時実施しています。

処理種別 対象産業廃棄物 処理能力
1時間あたり 1日あたり
脱水 汚泥 - 100.0m³
焼却 廃油 1,497.8Kg 35.9t
廃プラスチック類 1,375.4Kg 33.0t
ゴムくず 1,29.4Kg 30.0t
紙くず 1,760.0Kg 42.2t
木くず 1,760.1Kg 42.2t
繊維くず 1,043.3Kg 44.3t
動植物性残さ 1,320.0Kg 31.7t
油水分離 廃油 - 25.0m³
中和 廃酸 - 30.0m³
廃アルカリ
破砕 廃プラスチック - 25.6t
金属くず - 12.0t
ガラスくず・陶磁器くず - 9.6t
がれき類 - 19.2t
混合 燃え殻 - 175.0t
汚泥
ばいじん

各処理施設の特徴

ジャパンクリーン館林では中間処理を実施するため以下の施設を運用しています。これらの運用に際し、ジャパンクリーンは自然環境や住環境に悪影響を及ぼさないよう徹底した対策と管理を実施しています。

確実な減容を実現する「高効率破砕施設」

館林総合中間処理施設の破砕施設。1日あたりの処理能力は、がれき類破砕で約19.2トン。廃プラスチック類では25.8トンに登ります。ある程度の大きさをもつ産業廃棄物を破砕することで確実な減容を実施。焼却処理を行う際の燃焼効率を高めるとともに、限りある最終処分空間の活用最大化を図ります。

無臭・無害を実現する「大型高温焼却炉採用」

館林総合中間処理施設の中心施設は燃焼炉。密閉性の高い大型高温焼却炉を採用し、廃棄物の減容・安定化を実施しています。この焼却炉は炉内の温度をコンピュータ管理することが可能。800℃〜900℃に保つことでダイオキシンの発生を防いでいます。また、各種キレート設備の運用により硫黄酸化物、塩化水素、窒素酸化物を除去。燃焼排気の完全無臭・無害化を実施。地域の自然環境や住環境への負担が極めて少ない施設として運営を行っています。

汚泥処理、油水分離処理、中和処理を同時に行う「排水処理施設」

館林総合処理施設に持ち込まれた汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリなどはすべて「排水処理施設」に搬入されます。
この施設では汚泥の脱水や廃油の油水分離、各廃液の中和などを行い脱水汚泥と浄化水に分離します。浄化水は放流水と再生水に分けられ、一部を工場内用水として活用しています。

多彩な液状廃棄物に対応する「無害化処理施設」

廃油、廃酸、廃アルカリ、汚泥など。企業が製造する製品が多様化する今日では、持ち込まれる液状廃棄物も多様化しています。ジャパンクリーンではこうした廃棄物にも率先して対応できるよう最新の処理技術を導入。各種液状廃棄物の無害化処理をお引き受けしています。
この施設は排水処理施設の一部として運用。厳正な水質管理体制のもと、常に安全を確認しながら処理を行っています。

  • 総合中間処理施設を見てみよう!
  • [管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!
  • 地域の皆様との取り組み
  • 地域環境保護の取り組み
  • 資料ダウンロード