2015年植樹祭

HOME > 地域の皆様との取り組み > 2015年植樹祭

こどもたちの未来のために 第1回 きぼうの森植樹会
【実施日】2015年5月31日

3年に渡る植樹活動の第一歩

2011年3月11日。私たちは決して忘れることのできない体験をしました。
東日本大震災です。
私たちジャパンクリーンも被災地域の一員として、また廃棄物処理業者の一社として、地域の震災廃棄処理などのお手伝いをさせていただきました。
その活動の一つが「蒲生搬入場共同運営」です。 そこで見た光景は、私たちの胸にもさまざまな思いを抱かせました。人の及ばない猛威の証。しかし、この場所を「自然の猛威に飲み込まれた場所」のままにしておいて良いのか----。
何日も議論を重ねた末、私たちはこの海岸線に植樹を行うことに決めました。
将来、子どもたちがふるさとの海岸を見たときに、恐ろしいほどに強大な自然の力への敬意と、決して折れることのない人間の生きる力に思いすることができるように。

岩沼市県有林に黒松約800本を植樹

ジャパンクリーンでは宮城県との協定に基づく「みやぎ海岸線再生みんなの森づくり活動」に参加。岩沼市寺島字川向地内の県有防災林に防災林用の黒松約800本を植樹しました。
宮城県職員の皆さんの指導のもと、ジャパンクリーン社員が黒松の苗を一本ずつ植えていきました。
この事業は今後3年に渡り継続して行って参ります。

これまで行ってきた取り組み