[管理型]最終処分場を見てみよう

HOME > [管理型]最終処分場を見てみよう

成分の溶出に対する浄化・管理施設を併設。
将来にわたる徹底した安全管理を実施。

産業廃棄物最終処分場の新しい在り方をご提案

2014年11月。ジャパンクリーンは宮城県仙台市青葉区青野木で産業廃棄物の[管理型]最終処分場の操業を開始いたしました。

[安定型]最終処分場の操業から約26年。[管理型]最終処分場の操業開始をもって、ジャパンクリーンは産業廃棄物の収集・中間処理から最終処分までを単独で実施できる運営体制を確立させることができました。
ジャパンクリーンではこの[管理型]最終処分場を「皆様にご覧いただける処分場」として設計・建設いたしました。皆様にご安心いただくため、私たちは「正しいことを正しく行う」。この考え方を実践する「産業廃棄物最終処分場の新しい在り方」をご提案していきたいと考えています。

[管理型]産業廃棄物最終処分場とは

[管理型]産業廃棄物最終処分場とは、埋め立てた廃棄物の中を通った雨水など(浸出水)が周辺の土壌や地下水に影響を与えないよう対策が整えられた最終処分場のこと。構造基準と維持管理基準、そして埋め立て対象が厳密に定められています。
ジャパンクリーンの[管理型]産業廃棄物最終処分場は、これらの基準をすべて満たす適正な処分場として2014年8月に設置許可を取得いたしました。

[管理型]最終処分場の主な構造基準と維持管理項目

構造基準 維持管理基準
  • 浸出水処理施設の設置
  • 二重の遮水層の設置
  • 雨水流入防止措置
  • 周縁モニタリングの実施
  • 放流水水質の排出基準遵守
  • 発生ガスの適正管理

ISO14001認証取得

株式会社ジャパンクリーンでは、2017年4月に本社、東京営業所、管理型最終処分場を対象にISO14001認証を取得しました。ISO14001は環境マネジメントシステムの国際規格。地域の皆さまや自然環境に負荷やリスクを与えないよう、自社業務を常に評価・改善していくための仕組みがしっかりと整っていることが認証されたということです。管理型最終処分場は今後継続的に管理を行っていくべき施設。ジャパンクリーンは地域の自然環境を守っていくため、この自浄作用を何よりも重要なものと認識し、今後も業務に臨んで参ります。

埋め立て可能物一覧

[管理型]産業廃棄物最終処分場では以下の品目の埋め立て最終処分が許可されています。
ジャパンクリーンの[管理型]産業廃棄物処分場では処分対象とする廃棄物の内容を厳密かつ厳正に審査。以下の項目に含まれない廃棄物の敷地内搬入を絶対に許しません。

埋め立て可能品目と当処分場での受入状況

燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず、
ガラスくず・コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん、
政令第2条第13号廃棄物(汚泥、燃え殻、ばいじんの固粒化処理廃棄物に限る。)〔以上、自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を含む。〕


特別産業廃棄物の種類:廃石綿等

[管理型]産業廃棄物最終処分場での処分の流れ

<ジャパンクリーンの[管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!>

  • 総合中間処理施設を見てみよう!
  • [管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!
  • 地域の皆様との取り組み
  • 地域環境保護の取り組み
  • 資料ダウンロード