[管理型]埋立区域の構造

HOME > [管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう! > [管理型]排水処理施設

徹底した水質管理のもと
排出水の確実な無害化を実施。

埋立区域から集められた水のゆくえ

ジャパンクリーンの[管理型]産業廃棄物最終処分場では、埋立区域内に降り注いだ雨水をはじめ、あらゆる排出水を未処理のまま土中などに流出させないよう回収する仕組みが備えられています。その仕組がこの「集排水設備」です。
「集排水設備」は埋立区域の一番底に設置されており、遮水マットで集められた水はすべてここに集積・排出される仕組みになっています。
この「集排水設備」で集められた水は、処分場敷地内に併設されている「水処理棟」に送られ徹底した水質浄化作業が行われます。

場内への降水は一度「貯水設備」で水量調整

埋立区域内の水も含め、[管理型]産業廃棄物最終処分場内に降り注いだ降水のすべては一度「貯水設備」に集積されます。その理由は水量調整のため。たとえば場内に「数十年に一度規模の大規模な集中豪雨」が発生したとします。その規模は水処理棟の最大処理能を大幅に超える、怒涛のような雨量です。万が一、このような状態になってしまったらどうなるでしょう。未処理のままの浸出水が周辺の土壌に、近隣の森に、そして近くを流れる広瀬川に流れこむことになってしまうのです。そのような事態は、絶対にあってはならないのです。そこでジャパンクリーンでは万が一にも「数十年に一度規模の超大水害」が発生しても十分に安全を担保できるよう、巨大な「貯水設備」を設置しています。
実は、すでにご紹介している「水処理棟」の地下エリアのほとんどはこの「貯水設備」にあてられています。どんなに激しい豪雨が降り注いだとしても、周辺の環境への影響を引き起こさないために。この万が一への対応も、私たちジャパンクリーンの意志の現れなのです。

浸出水を徹底して無害化する「水処理棟」

「水処理棟」では収集された浸出水に対する徹底した浄化作業が行われます。その行程は大別して8つ。工程ごとに水質検査を行いながら、適正な浄化処理を行います。
この「水処理棟」で目指す水質は、すべて市・県、そして国が定めた行政基準。また、そのなかの幾つかでは、行政が定める基準値よりもさらに厳しい基準を設け、より安心・安全な水質の実現に取り組んでいます。

[管理型]最終処分場滲出水上化・放流フロー

騒音・異臭を発生させない取り組み

水処理等は24時間フル稼働する施設です。つまり、施設内ではさまざまな機械が常時動き続けています。このため、浄化処理中に発生する振動・異臭・騒音など、周辺住民の皆様の心地よい生活を阻害する要因が発生しないよう最新の機器を導入。皆様の健やかな毎日を第一に、細心の配慮をもって日々の水質浄化に取り組んでいます。

<ジャパンクリーンの[管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!>

  • 総合中間処理施設を見てみよう!
  • [管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!
  • 地域の皆様との取り組み
  • 地域環境保護の取り組み
  • 資料ダウンロード