[管理型]開かれた施設として

HOME > [管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう! > [管理型]開かれた施設として

しっかりと情報を公開すること、
地域の皆様にきちんと見ていただくこと

ジャパンクリーンがずっと守り続ける「公開」

ジャパンクリーンでは、[安定型]の操業を開始した1988年からずっと続けていることがあります。それは、定期的に実施している各処分場内の大気調査・水質調査結果の公開です。ジャパンクリーンの中間処理施設、そして産業廃棄物最終処分場には、必ず情報掲示板が設置されています。この掲示板に調査結果を貼りだすのです。この作業はすでに27年間にわたってずっと継続されています。ジャパンクリーンが運営する処分場から悪臭や水質汚染の原因となる物質が発生していないかどうか。そして、皆様の生活への影響が懸念される事態になっていないかどうか。私たちは責任をもって情報公開を行ってまいりました。それは、私たちがこの地域の一員として果たすべき責任をしっかりと果たしているかどうか、皆様にご確認いただくためにほかなりません。ジャパンクリーンはこれからも各処分場での調査結果公開をたゆまずに続けてまいります。

見ていただける処分場として

当処分場の運営計画には、地域の皆様に安心の毎日をお約束するためのさまざまな計画が盛り込まれています。その中のひとつが見学者対応計画です。現在、当処分場では皆様に場内を見学していただくためのコースやご説明パネルなどの検討・準備を進めています。当処分場が目指す「見ていただける処分場」として最適な環境を整えられるよう、スタッフ一同これからも精一杯邁進してまいります。

<ジャパンクリーンの[管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!>

  • 総合中間処理施設を見てみよう!
  • [管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!
  • 地域の皆様との取り組み
  • 地域環境保護の取り組み
  • 資料ダウンロード