会社概要

HOME > 会社概要

ご挨拶

環境負荷を未来に残さないための
新たな産業廃棄物の処理モデルを実現。

株式会社ジャパンクリーン代表取締役社長 杉澤養康我が国の経済と産業は高度成長により飛躍的な発展を遂げ、日本社会はかつてない豊かさを手に入れました。
その一方で、豊かさが増せば増すほど廃棄物も増え続け、その結果発生したのが、不法投棄や廃棄物の問題です。

環境と人間社会の未来に多大な影響を及ぼす産業廃棄物の処理を担う私たちは、そうした現実から目を背けず、「地球環境との共生」と「地域との共栄」を基本理念として、将来を見据えた意識改革と業態改革を目指しています。

廃棄物処理は、地域や自然環境と共生し、人々が安心して生活していくために欠かすことのできない大事な仕事です。
弊社は社員一人ひとりがこの意識を強く持ち、環境効率・環境負荷・環境問題の知識を深め、未来に負の遺産を引き継ぐことがないよう、これからも次世代に明るい未来を継承できる企業を目指して全力を注いで参ります。

株式会社ジャパンクリーン
代表取締役社長
杉澤 養康

会社概要

株式会社ジャパンクリーン
本社所在地 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3丁目2番1号 青葉通プラザ10F
電話番 022-223-6011(代)
FAX 022-223-6098
昭和62年5月25日
資本 65,000,000円
代表取締役 杉澤 養康
専務取締役 杉澤 政信
取 締 役 広瀬 学
取 締 役 杉澤 真理音
取 締 役 佐久間 博
監 査 役 矢部 豊
事業概 【1】産業廃棄物最終処分業 陸上埋立(管理型)
◆施設設置場所: 仙台市青葉区芋沢字青野木109-1
◆産業廃棄物の種類: 燃え殻、汚泥、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く。)及び陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん、政令第2条第13号廃棄物(汚泥、燃え殻、ばいじんの固粒化処理廃棄物に限る。)〔以上、自動車等破砕物及び石綿含有産業廃棄物を含む。〕 特別産業廃棄物の種類:廃石綿等
【2】総合中間処理業
◆施設設置場所: 群馬県館林市近藤町712-1外7筆
【3】産業廃棄物収集運搬業
[許可] 宮城県、岩手県、山形県、秋田県、福島県、栃木県、長野県、群馬県、茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県
【4】一般廃棄物収集運搬・中間処理業
【5】特定建設業
◆許認可: 国土交通大臣許可(特-25)第22665号
◆対応可能工事業: 土木工事業、とび、石工事業、鋼構造物工事業、舗装工事業、しゅんせつ工事業、塗装工事業、水道工事業

沿革

  • 総合中間処理施設を見てみよう!
  • [管理型]産業廃棄物最終処分場を見てみよう!
  • 地域の皆様との取り組み
  • 地域環境保護の取り組み
  • 資料ダウンロード